2009年12月20日

クラブW杯

クラブW杯がバルセロナの初優勝で幕を閉じました。

前半に、ワンチャンスをものにしたエストゥティアンデス。

ボールを支配していたものの、自分たちのサッカーをさせて
もらえなかったバルサですが、後半43分という試合の最後の
最後でようやく追いつきました。

バルサの同点ゴールの瞬間は、夜中の3時前という時間にも
関わらず思わず大きな声を上げてしまいました。

勢いに乗ったバルサは延長後半5分、ついに勝ち越しゴール。
それまで影を潜めていたメッシがここ一番で光り輝きました。

優勝したバルサはもちろんですが、バルサにバルサらしいサッカーを
させなかったエストゥティアンデスにも拍手を送りたいと思います。

posted by スズキ at 23:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。