2010年05月04日

続々と

W杯イヤーということもあってか、今年に入ってサッカー関連の本が続々と出版されています。

現役選手、監督、記者など様々な本が出ていますので、
参考に一部を紹介したいと思います。

独破力/松井大輔
オシム 勝つ日本/田村修一
日本サッカーを救う「超戦術」/風間八宏
アンチェロッティの戦術ノート/カルロ・アンチェロっティ
ジダン 物静かな男の肖像/パトリック・フォール、ジャン・フィリップ
バルサ対マンU 「世界最高の一戦」を読み解く/杉山茂樹
ワールドクラスサッカー 戦術の軌跡/西部謙司
考えよ!なぜ日本人はリスクを冒さないのか?/イビチャ・オシム
サッカー戦術の仕組み/湯浅健二

残りのGWやW杯の開幕までに読んでみると、面白いのではないでしょうか?

posted by スズキ at 00:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。