2010年07月03日

ベスト4への道

W杯もベスト4を争う戦いとなり、益々盛り上がりを見せています。

まず、オランダとウルグアイがベスト4を決めたわけですが、
その2試合を見ていてサッカーの面白さ、恐さ、最後まで
何が起こるか分からないということを改めて感じさせられました。


ブラジルVSオランダは、前半に一本のパスからロビーニョが抜け出し先制。
終始、ブラジルのペースでオランダはほとんど自分たちのサッカーをさせてもらえない状態でした。

前半を見て、ブラジルの強さやうまさが際立っており、やっぱりブラジルかなという印象でしたが・・・

後半に入るとオランダも少しづつ形を作れるようになり、FKの流れから
ブラジルの連携ミス?で同点に追い付きました。
同点となってからはオランダが更に勢いを増し、後半20分過ぎにCKから
カイトが後ろに流したボールをスナイデルが合わせ逆転。

逆転されてイライラしたブラジル。フェリペ・メロがラフプレーで一発レッド。
そこで完全に試合が崩れてしまい、そのまま攻める姿勢を失わなかったオランダが勝利。

チームとして非常に安定していると思われていたブラジルでしたが、
それが壊れるのは一瞬でしたね。
メンタルの差がハッキリと出た試合と言えるかもしれません。


ウルグアイVSガーナは、0-0で折り返して後半勝負かと思いきや、
前半ロスタイムにガーナのムンタリが30メートル弾を叩きこんで先制。

対するウルグアイは、後半10分にフォルランがGKの逆を突きFKで同点に。
その後はお互いにチャンスを作るも決まらず、延長戦へ。

延長戦もチャンスはあるものの点が入らず、PKが濃厚となった後半ロスタイム。
ガーナがゴール前の混戦で放ったシュートをウルグアイのスアソが手で防ぎ、一発レッドでPKに。
しかし、そのPKをガーナのギャンが外して延長戦が終了、PKへ。

PK戦は、ガーナから運が逃げてしまったのか二人が止められ、4-2でウルグアイが制し、ベスト4へ。

最後の最後まで目の離せない筋書きのないドラマがそこにはあり、
サッカーの奥深さを改めて感じさせられました。


今日行われるドイツVSアルゼンチン、スペインVSパラグアイも好カードで楽しみですね。
期待も含めた予想としては、ドイツとスペインがベスト4ではないかなと。
posted by スズキ at 07:07| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。