2010年07月05日

4強揃う


ドイツとスペインが、それぞれアルゼンチンとパラグアイを破り
ベスト4入りを決めました。

ベスト4を争うゲームだけあって、2試合とも期待を裏切らない非常に面白いでした。


ドイツVSアルゼンチンの試合は、チーム全体が連動していてどこからでも
攻めて点を取ることができるドイツと、個人の力に頼る形から
抜け出せなかったアルゼンチンとの差が出たゲームだっと思います。

ドイツは爆発的な攻撃力にばかり目がいきがちですが、しっかり守るという
ベースがしっかりとあり、相手の時間帯の時はしっかり我慢して一瞬の隙を見逃さない、
自分たちの時間ではしっかりと点を取るなど、素晴らしいチームだと思います。

チームとしての若さや勢いがあり、どんどん成長しているところも見逃せません。
大会を通してチームが成長することが優勝の条件の一つかもしれませんね。

それにしても、ドイツのあのカウンターは凄い・・・


スペインVSパラグアイは、パラグアイが開始早々から前線の高い
位置からプレスをかけ、スペインに主導権を渡さない展開となり、
パラグアイのペースで前半が終了した印象でした。

後半になると、スペインがピッチを広く使い始めたこともあり、
徐々にパスがつながるようになりました。
そんな中、ファールからパラグアイにPKが与えられるもカシージャスが
スーパーセーブ、
直後にはスペインがPKを獲得するも今度はビジャールはスーパーセーブ。

息を持つかせぬ展開の中、選手交代とシステム変更でリズムを掴んだ
スペインが後半30分を過ぎてこぼれ球をビジャが落ち着いて決めて先制。

苦しみながらも一点を守ったスペインが勝利しました。


優勝候補に推しているスペインですが、これまでの戦いを見ている限り
では優勝は厳しい印象です。ビジャの得点力で勝ち上がっているという現実。

準決勝のドイツVSスペインは、スペインに勝ってほしいですが、
現状のチーム状態や勢いを考えるとドイツ有利な気がします。
何が起こるか分からないのがサッカーなので蓋を開けてみないと
分かりませんが、見逃せない一戦になることは間違いありません。

スペインは、調子の上がらないトーレスを見切るかどうかが一つの
ポイントになるかもしれませんね。



posted by スズキ at 00:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ドイツvsアルゼンチン 乱闘
Excerpt: 凄かった! - 要はテニプリ好きってこと いつも通りに前半だけ見て寝るつもりだった昨日のドイツVSアルゼンチン戦。前半だけとはいっても前半のほとんどは「Angel Beats!」を見てたので内容は知ら..
Weblog: 流行ってるニュースまとめ
Tracked: 2010-07-05 08:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。