2010年07月08日

スペイン決勝へ


注目のドイツVSスペインの一戦は、0-1でスペインが勝利して初の決勝進出を決めました。

後半28分のプジョルのヘディングシュートは、勝ちたいという思いが詰まったゴールでした。
ペナルティエリアのラインから走りこみ、誰よりも高く飛んで合わせたのは凄いの一言です。
このゴールにつながるまでの、変化をつけるための徹底したショートCKもポイントだったかもしれません。

ドイツの攻撃力、爆発力が注目の一つでしたが、スペインはほとんど決定機を作らせない内容だったように思います。
今大会最高とも言われていたドイツのスピードあるカウンターは、ほとんど見られませんでした。

いい形こそほとんど作れなかったドイツですが、堅い守備は見せてくれました。
中央を固めて、DFライン4人とMFの4人がそれぞれフラットに並び、
スペインのパスサッカーを最後のところで抑える攻防は見応えがありました。

負けはしましたが、チームとしての経験を積んだドイツ。
今後、チームとしてどんな進化を見せてくれるかが非常に楽しみです。

スペインはスイスに負けて以降、攻めあぐねながらも大事な所で点を取って、しっかり勝ってくるという感じですね。
チームとしての勝負強さ、勝ち方を知っていることが大きいと言えそうです。


11日の決勝は、オランダVSスペイン。
共に勝負弱いと言われてきた両国ですが、勝負強さを発揮するのはどちらでしょうか?

もっともっとスペインらしいパスサッカーが見られること、そして記憶に残る決勝を期待したいと思います。
スペインが初の無敵艦隊になる姿が見たい。
posted by スズキ at 16:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。