2010年07月12日

優勝はスペイン!!


南アフリカの地での1ヶ月に渡る2010W杯は、スペインの初優勝で幕を閉じました。


スペインVSオランダの決勝を簡単に振り返ってみたいと思います。

開始から両チームともに攻撃的に展開。オランダは、前から積極的にプレスをかけていましたた。
ここ数試合と違って見えたのは、スペインがオランダDFの裏のスペースを狙うパスを最初から見せたこと。
そして、しっかり裏を取り、チャンスを狙っていたビジャはさすがでした。

お互いの球際の厳しさは、カードの面に見られました。
オランダはちょっとラフプレーが多すぎでしたが・・・
両チームとも寄せが早く、ロッベンなどのキープレーヤーには必ず二人で対応するなどが徹底されていました。

両チームともに中盤を自由にさせない緊迫した展開で、前半は0-0で折り返しました。


後半は、先にスペインが動きました。ペドロに代えて、ナバス。

その直後、一瞬の隙をついてオランダのロッベンが抜け出してGKと1対1の決定的チャンス。
しかし、守護神カシージャスが逆に反応しながらも足に当てるスーパーセーブ。

スペインはナバスの投入で、サイドから崩せるようになり、リズムができはじめました。
対するオランダもカイトに代えて、スピードのあるエリアを投入して勝負に出ました。

後半40分を過ぎて、シャビ・アロンソに代えてセスクを投入。
そこには、パスサッカーで勝つというメッセージが込められていました。

両チームとも決定機を生かせず、0-0で90分が終了し延長戦へ。


延長前半4分、スルーパスからセスクが抜け出すもGKがスーパーセーブ。
その後も、スペインが立て続けにチャンスを作るも決まらず。

後半3分、イニエスタをハイティンガが倒して二枚目のカードで退場。

そして、ついに試合が動く。

後半11分、ナバスの突破からチャンスがつながり、
ペナルティエリア内でフリーになったイニエスタが落ち着いて決めて先制。

その一点をスペインが守って、試合が終了。
スペインが初優勝〜〜〜ついに、ついに、無敵艦隊となりました。

オランダは、最後まで集中してスペインを抑えていましたが、
最後の最後でスペインのうまさにやられてしまいましたね。


感動をありがとうスペイン、感動をありがとうW杯わーい(嬉しい顔)
posted by スズキ at 07:08| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156100164

この記事へのトラックバック

スペインが初の世界一!!
Excerpt: W杯、決勝 オランダ 0−1(延長) スペイン 終わってみれば前評判通り、スペインの優勝でしたね。今日は、オランダのイエロー覚悟の守備に手を焼いていましたが、延長後半にイニエスタがゴールを決めて..
Weblog: play soccer
Tracked: 2010-07-13 14:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。