2010年07月12日

W杯で輝いた選手たち

W杯は幕を閉じてしまいましたが、もう少し余韻を楽しみたい気持ちです。

大会MVPは、4位のチームからは初となるフォルラン(ウルグアイ)が選ばれましたね。
決して万全ではない状態の中、3位決定戦でも最後までチームを引っ張るプレーを見せてくれました。
決定力、チャンスメイクなど改めて素晴らしい選手であることが証明されたと思います。


今日は2010年W杯で印象に残った、今後も追いかけてみたい選手をポジション別に上げてみます。
かなり絞ったのですが、30人を超えてしまいました。ホントはもっと挙げたいくらいです。


GK
→カシージャス(スペイン)、ステケレンブルフ(オランダ)、エニェアマ(ナイジェリア)


DF
→ピケ(スペイン)、マイコン、ルシオ(ブラジル)、ファン・デルヴィール(オランダ)
 メルテザッカー、ラーム(ドイツ)


MF
→イニエスタ、シャビ、ヘスス・ナバス(スペイン)、バルディビア(チリ)、
 ファン・ボメル、スナイデル(オランダ)、ボアテンク、アユ―(ガーナ)、
 ケディラ、シュバインシュタイガー、エジル、ミュラー(ドイツ)
 ドス・サントス(メキシコ)、本田


FW
→ビジャ(スペイン)、ジェルビーニョ(コートジボワール)、ファビアーノ(ブラジル)
 ロッベン(オランダ)、ギャン(ガーナ)、クローゼ(ドイツ)
 メッシ、テベス(アルゼンチン)、フォルラン、スアレス(ウルグアイ)


その中からFootball Style的ベストイレブンを選んでみました。

システムは、4−3−3の超攻撃的布陣でどこからでも崩せます。


GK カシージャス(スペイン)

DF 右サイドにマイコン(ブラジル)、センターにピケ(スペイン)、ルシオ(ブラジル)、左サイドにラーム(ドイツ)

MF 守備的な位置にファン・ボメル(オランダ)、前にイニエスタとシャビ(スペイン)

FW 右からミュラー(ドイツ)、フォルラン、ビジャ(スペイン)


自分なりのベストイレブンを考えてみるのも面白いと思います。


posted by スズキ at 23:12| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。