2010年07月12日

優勝はスペイン!!


南アフリカの地での1ヶ月に渡る2010W杯は、スペインの初優勝で幕を閉じました。


スペインVSオランダの決勝を簡単に振り返ってみたいと思います。

開始から両チームともに攻撃的に展開。オランダは、前から積極的にプレスをかけていましたた。
ここ数試合と違って見えたのは、スペインがオランダDFの裏のスペースを狙うパスを最初から見せたこと。
そして、しっかり裏を取り、チャンスを狙っていたビジャはさすがでした。

お互いの球際の厳しさは、カードの面に見られました。
オランダはちょっとラフプレーが多すぎでしたが・・・
両チームとも寄せが早く、ロッベンなどのキープレーヤーには必ず二人で対応するなどが徹底されていました。

両チームともに中盤を自由にさせない緊迫した展開で、前半は0-0で折り返しました。


後半は、先にスペインが動きました。ペドロに代えて、ナバス。

その直後、一瞬の隙をついてオランダのロッベンが抜け出してGKと1対1の決定的チャンス。
しかし、守護神カシージャスが逆に反応しながらも足に当てるスーパーセーブ。

スペインはナバスの投入で、サイドから崩せるようになり、リズムができはじめました。
対するオランダもカイトに代えて、スピードのあるエリアを投入して勝負に出ました。

後半40分を過ぎて、シャビ・アロンソに代えてセスクを投入。
そこには、パスサッカーで勝つというメッセージが込められていました。

両チームとも決定機を生かせず、0-0で90分が終了し延長戦へ。


延長前半4分、スルーパスからセスクが抜け出すもGKがスーパーセーブ。
その後も、スペインが立て続けにチャンスを作るも決まらず。

後半3分、イニエスタをハイティンガが倒して二枚目のカードで退場。

そして、ついに試合が動く。

後半11分、ナバスの突破からチャンスがつながり、
ペナルティエリア内でフリーになったイニエスタが落ち着いて決めて先制。

その一点をスペインが守って、試合が終了。
スペインが初優勝〜〜〜ついに、ついに、無敵艦隊となりました。

オランダは、最後まで集中してスペインを抑えていましたが、
最後の最後でスペインのうまさにやられてしまいましたね。


感動をありがとうスペイン、感動をありがとうW杯わーい(嬉しい顔)
posted by スズキ at 07:08| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

スペイン決勝へ


注目のドイツVSスペインの一戦は、0-1でスペインが勝利して初の決勝進出を決めました。

後半28分のプジョルのヘディングシュートは、勝ちたいという思いが詰まったゴールでした。
ペナルティエリアのラインから走りこみ、誰よりも高く飛んで合わせたのは凄いの一言です。
このゴールにつながるまでの、変化をつけるための徹底したショートCKもポイントだったかもしれません。

ドイツの攻撃力、爆発力が注目の一つでしたが、スペインはほとんど決定機を作らせない内容だったように思います。
今大会最高とも言われていたドイツのスピードあるカウンターは、ほとんど見られませんでした。

いい形こそほとんど作れなかったドイツですが、堅い守備は見せてくれました。
中央を固めて、DFライン4人とMFの4人がそれぞれフラットに並び、
スペインのパスサッカーを最後のところで抑える攻防は見応えがありました。

負けはしましたが、チームとしての経験を積んだドイツ。
今後、チームとしてどんな進化を見せてくれるかが非常に楽しみです。

スペインはスイスに負けて以降、攻めあぐねながらも大事な所で点を取って、しっかり勝ってくるという感じですね。
チームとしての勝負強さ、勝ち方を知っていることが大きいと言えそうです。


11日の決勝は、オランダVSスペイン。
共に勝負弱いと言われてきた両国ですが、勝負強さを発揮するのはどちらでしょうか?

もっともっとスペインらしいパスサッカーが見られること、そして記憶に残る決勝を期待したいと思います。
スペインが初の無敵艦隊になる姿が見たい。
posted by スズキ at 16:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

オランダが決勝へ

決勝をかけたウルグアイVSオランダの試合は2-3でオランダが制し、32年ぶりの決勝進出となりました。

簡単に試合を振り返ってみます。

前半開始からボールこそ持っているものの、なかなかチャンスが作れないオランダ。
ペースが掴めない中、前半15分過ぎにファン・ブロンクホルストが意表をついてミドルシュート。
完璧なコースに見事なゴールが突き刺さり、オランダが先制しました。

ボールを持たされていた時間帯の得点でかつ、先制点を取ったという意味でオランダはゲームが進めやすくなりました。

前半40分過ぎ、ウルグアイにペースが戻りつつあるところで、
エースのフォルランがミドルレンジから左足を振り抜く。GKの手をはじき同点ゴール。

先に失点こそしたものの、しっかり守って、少ない人数で時間をかけずシュートまで
持っていく形が徹底できていたウルグアイペースで前半は終わったように思います。

前半終了間際に追いつけたことはウルグアイにとって非常に大きかったと思います。


オランダは、後半からファン・デルファールトを投入。攻撃に厚みを持たせようという狙いが見えました。

しかし、ボールを持っても攻撃のペースを上げる、効果的な崩しはできず。
逆にウルグアイは何度もチャンスを作り出しました。

少し攻撃の形ができ始めたオランダが後半20分過ぎ、スナイデルのシュートがDFに当たって決まり勝ち越し。
オランダは、中盤やサイドに生まれ始めたスペースを有効に使い、
左サイドからのクロスをロッベンが頭で合わせて追加点。大きな3点目となりました。

このまま終了かと思った後半ロスタイム、ウルグアイがFKから1点返すも試合終了でオランダが決勝進出を決めました。


決して、いい攻撃の形を多く作ったわけではないオランダですが、
決めるべきチャンスをしっかり決めて勝利を手繰り寄せました。

ウルグアイは敗れこそしましたが、ロスタイムに一点返すなど最後まで粘りを見せてゲームを面白くしてくれました。
2〜3人でシュートまで持っていく技術、体の使い方など、十分にウルグアイらしさを見せたと思います。素晴らしいチームでした。

なぜ、フォルランを下げたのかは疑問として残りましたが・・・
→負傷を抱えての出場で限界だったみたいですね。
 http://bit.ly/b2IOXy
posted by スズキ at 06:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

4強揃う


ドイツとスペインが、それぞれアルゼンチンとパラグアイを破り
ベスト4入りを決めました。

ベスト4を争うゲームだけあって、2試合とも期待を裏切らない非常に面白いでした。


ドイツVSアルゼンチンの試合は、チーム全体が連動していてどこからでも
攻めて点を取ることができるドイツと、個人の力に頼る形から
抜け出せなかったアルゼンチンとの差が出たゲームだっと思います。

ドイツは爆発的な攻撃力にばかり目がいきがちですが、しっかり守るという
ベースがしっかりとあり、相手の時間帯の時はしっかり我慢して一瞬の隙を見逃さない、
自分たちの時間ではしっかりと点を取るなど、素晴らしいチームだと思います。

チームとしての若さや勢いがあり、どんどん成長しているところも見逃せません。
大会を通してチームが成長することが優勝の条件の一つかもしれませんね。

それにしても、ドイツのあのカウンターは凄い・・・


スペインVSパラグアイは、パラグアイが開始早々から前線の高い
位置からプレスをかけ、スペインに主導権を渡さない展開となり、
パラグアイのペースで前半が終了した印象でした。

後半になると、スペインがピッチを広く使い始めたこともあり、
徐々にパスがつながるようになりました。
そんな中、ファールからパラグアイにPKが与えられるもカシージャスが
スーパーセーブ、
直後にはスペインがPKを獲得するも今度はビジャールはスーパーセーブ。

息を持つかせぬ展開の中、選手交代とシステム変更でリズムを掴んだ
スペインが後半30分を過ぎてこぼれ球をビジャが落ち着いて決めて先制。

苦しみながらも一点を守ったスペインが勝利しました。


優勝候補に推しているスペインですが、これまでの戦いを見ている限り
では優勝は厳しい印象です。ビジャの得点力で勝ち上がっているという現実。

準決勝のドイツVSスペインは、スペインに勝ってほしいですが、
現状のチーム状態や勢いを考えるとドイツ有利な気がします。
何が起こるか分からないのがサッカーなので蓋を開けてみないと
分かりませんが、見逃せない一戦になることは間違いありません。

スペインは、調子の上がらないトーレスを見切るかどうかが一つの
ポイントになるかもしれませんね。



posted by スズキ at 00:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ベスト4への道

W杯もベスト4を争う戦いとなり、益々盛り上がりを見せています。

まず、オランダとウルグアイがベスト4を決めたわけですが、
その2試合を見ていてサッカーの面白さ、恐さ、最後まで
何が起こるか分からないということを改めて感じさせられました。


ブラジルVSオランダは、前半に一本のパスからロビーニョが抜け出し先制。
終始、ブラジルのペースでオランダはほとんど自分たちのサッカーをさせてもらえない状態でした。

前半を見て、ブラジルの強さやうまさが際立っており、やっぱりブラジルかなという印象でしたが・・・

後半に入るとオランダも少しづつ形を作れるようになり、FKの流れから
ブラジルの連携ミス?で同点に追い付きました。
同点となってからはオランダが更に勢いを増し、後半20分過ぎにCKから
カイトが後ろに流したボールをスナイデルが合わせ逆転。

逆転されてイライラしたブラジル。フェリペ・メロがラフプレーで一発レッド。
そこで完全に試合が崩れてしまい、そのまま攻める姿勢を失わなかったオランダが勝利。

チームとして非常に安定していると思われていたブラジルでしたが、
それが壊れるのは一瞬でしたね。
メンタルの差がハッキリと出た試合と言えるかもしれません。


ウルグアイVSガーナは、0-0で折り返して後半勝負かと思いきや、
前半ロスタイムにガーナのムンタリが30メートル弾を叩きこんで先制。

対するウルグアイは、後半10分にフォルランがGKの逆を突きFKで同点に。
その後はお互いにチャンスを作るも決まらず、延長戦へ。

延長戦もチャンスはあるものの点が入らず、PKが濃厚となった後半ロスタイム。
ガーナがゴール前の混戦で放ったシュートをウルグアイのスアソが手で防ぎ、一発レッドでPKに。
しかし、そのPKをガーナのギャンが外して延長戦が終了、PKへ。

PK戦は、ガーナから運が逃げてしまったのか二人が止められ、4-2でウルグアイが制し、ベスト4へ。

最後の最後まで目の離せない筋書きのないドラマがそこにはあり、
サッカーの奥深さを改めて感じさせられました。


今日行われるドイツVSアルゼンチン、スペインVSパラグアイも好カードで楽しみですね。
期待も含めた予想としては、ドイツとスペインがベスト4ではないかなと。
posted by スズキ at 07:07| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。